サーターアンダギーに惹かれて

06.06.14 / nocategory / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

サーターアンダギーはおいしい。

初めて食べたのは、忘れもしない小学校六年生の頃のバザーの屋台だ。
『めんそ?れ、沖縄おやつ』と聞き慣れない言葉に導かれるように屋台に行くと、当時の担任の先生が何故か切り盛りしていた。

「サーターアンダギーおいしいよ」と言うその表情は商売人そのものだった。
私はそのサーターアンダギーなるおやつを購入した。

サーターアンダギーは、家でホットケーキミックスから作るドーナツのようだった。
一口食べて、私はあまりのうまさにつんのめった。
これは、家で作るホットケーキミックスのドーナツの味そのものだと思った。
実際はそれよりも少し香ばしくカリカリなのだが。

それ以来、十数年経った今でも私はサーターアンダギーの虜である。
庶民的なおやつには目がない。

パン屋さんは匂いが一番おいしい

22.05.14 / nocategory / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: , ,

うまいパン屋というのは、果たして店先から漂ういい匂いで決まるのだろうか。
私は一概にはそうは言えないと思う。

私の家の近所には、私が生まれる前から営業している老舗のパン屋さんがある。
通勤時に毎日店の前を通るのだが、ちょっと考えられないくらいいい匂いがする。
お弁当を持っているのに、急いでいるのに、うっかり立ち寄ってお昼ごはんを買って行きたくなるほどだ。

しかし、その店のパンというのは、正直そこまでうまくない。
「あれ、めちゃめちゃいい匂いがしたんだけどな」と首を傾げてしまうほど、味は普通なのだ。

おそらくあの匂いというのは、いわば客寄せパンダ。
店主が中で匂いの元となる物体の前で巨大な扇風機を回し、匂いで誘い込むただの作戦なのだ。

ああ、おいしいパンが食べたい。