ダイエットエステのお店変更

27.08.14 / nocategory / Author: / コメントは受け付けていません。

池袋のエステにずっと通っていましたが、車を持つようになったら電車移動しなくなり、通わなくなってしまったので、相談の結果、所沢の支店に変更することになりました。

エステに車で通います(笑)
痩せるならまず多少の運動をしなさいってはなしですが
人混みがつらいのです…

都会の電車ってどうしてこうも人気なのか(笑)
所沢支店は複合施設の中にあるので、駐車場もありました!
ちょっと距離があるけど、電車で都心に出るよりいいかな。

もちろん、置いている機械類は同じ。
池袋より店内が狭くてアットホームな感じで、流れ作業感が少なくていいかも。
予約も取りやすいしね♪

しかしこちらの痩せるダイエットエステの施術結果はやはりあまりでない…むしろ悪くなった?
ちょっとは筋肉つけないと脂肪が燃えませんよ、なんて言われてしまいました。゚(´pω・`)゚。

そういえば今度沖縄に行くことになり、水着を着ることになりました。
そこで気になるのが、自分では中々できない背中ケア。
せっかくかわいい水着を着ていても、背中にポツポツがあったら大きなマイナスポイントですよね。

何度か行ったことがあるけれど、背中ケアは初めて。
あんまりきれいではないので恥ずかしかったのですが、これもきれいへの一歩と思い、うつぶせになって施術開始です。

優しくクレンジングをしてくれて、ホットパックをしてからオイルトリートメント。
気持ち良くて意識が飛びそうでした。
肩こりもひどくて、老廃物もたまってるって言われてしまいました。
背中のトラブルは、生活習慣が大きく関係してくるそうで、すぐに良くなるわけではないから、ターンオーバーに合わせてのケアが大事になってくるらしいです。
最後に保湿パックをしてもらい、至福のひと時でした。

自分でここまでのケアはまず無理なので、沖縄に行くまでに何回か通って、きれいな背中で楽しみたいと思います。

お土産のポストカードは嬉しい

14.07.14 / nocategory / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

私は旅先、美術館、雑貨屋などどこででもポストカードを購入するのが大好きだ。

ポストカードというのはいわば貧乏人のための助け舟。
定価150円ほどのカードなのに、その土地の風景が描かれていたり、
有名な画家の絵がプリントされていたり、
リンゴの木の下に佇むくまのイラストが描かれているだけで、立派はお土産になってくれるのだ。

また、特別親しくない間柄の知り合いに何か贈り物をしなければならないときなど、ポストカードは非常に無難だと思う。

ちなみに無難ランキングの二位はマグカップ、三位はカレンダーだ。
つまり、あまり仲良くしていない知人に旅行のお土産としてプレゼントしても、貧乏ということはバレない。

ポストカード愛好家の方、大変失礼致しました。

サーターアンダギーに惹かれて

06.06.14 / nocategory / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

サーターアンダギーはおいしい。

初めて食べたのは、忘れもしない小学校六年生の頃のバザーの屋台だ。
『めんそ?れ、沖縄おやつ』と聞き慣れない言葉に導かれるように屋台に行くと、当時の担任の先生が何故か切り盛りしていた。

「サーターアンダギーおいしいよ」と言うその表情は商売人そのものだった。
私はそのサーターアンダギーなるおやつを購入した。

サーターアンダギーは、家でホットケーキミックスから作るドーナツのようだった。
一口食べて、私はあまりのうまさにつんのめった。
これは、家で作るホットケーキミックスのドーナツの味そのものだと思った。
実際はそれよりも少し香ばしくカリカリなのだが。

それ以来、十数年経った今でも私はサーターアンダギーの虜である。
庶民的なおやつには目がない。

パン屋さんは匂いが一番おいしい

22.05.14 / nocategory / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: , ,

うまいパン屋というのは、果たして店先から漂ういい匂いで決まるのだろうか。
私は一概にはそうは言えないと思う。

私の家の近所には、私が生まれる前から営業している老舗のパン屋さんがある。
通勤時に毎日店の前を通るのだが、ちょっと考えられないくらいいい匂いがする。
お弁当を持っているのに、急いでいるのに、うっかり立ち寄ってお昼ごはんを買って行きたくなるほどだ。

しかし、その店のパンというのは、正直そこまでうまくない。
「あれ、めちゃめちゃいい匂いがしたんだけどな」と首を傾げてしまうほど、味は普通なのだ。

おそらくあの匂いというのは、いわば客寄せパンダ。
店主が中で匂いの元となる物体の前で巨大な扇風機を回し、匂いで誘い込むただの作戦なのだ。

ああ、おいしいパンが食べたい。

楽しみな3度目の「赤毛のアン」

08.05.14 / nocategory / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

3月31日からNHKの朝ドラが新しく始まる。
今回は「赤毛のアン」の翻訳をした村岡花子さんを描いたものだとか。

「赤毛のアン」はわたしの大好きな物語だったりする。
翻訳本を初めて読んだのは私が中学一年生のとき。
結構な厚みのその単行本を、あまりの面白さに一気に読んだものだ。
アンの空想に胸を躍らせ、アンの周りで起こる事件にハラハラドキドキしながら、
本の中のアンと自分とを重ね合わせて夢中になった。

何年か前に何かのきっかけで「赤毛のアン」をまた読みたくなり、
読んで
みたら違う意味で面白いことに気づいた。
中学生のときの私はアンの気持ちで読んでいたけれど、
母になった今はマリラの気持ちになって読んでいたのだ。
孤児であるアンを引き取って、育てることになったマリラは母のような存在。

一冊の本が2度楽しませてくれるとは…。
朝ドラが始まり、村岡花子さんという翻訳家の話を知ることも今から楽しみだ。
「赤毛のアン」をまた読んでみたい。
3度目はどんな風に楽しめるか…
村岡花子さんを知って読むことで、また違う「赤毛のアン」に出会えそうな気がする。

世界フィギュアスケートの結果。

27.03.14 / nocategory / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

世界フィギュア終わった。
高橋大輔くんの演技が見れないのがちょっとさみしかったけれど、
真央ちゃんの演技はとてもよかった!

特に、ショートの演技。
ソチオリンピックの時や、失敗が続いた時とは、全く違って、
すごーく落ち着いてのびのびと滑っていたように見えた。

オリンピックが終わって、
フリーでは、最高の演技と言える滑りができたこともあって、いろいろな重圧から開放されたのかな。

今回のフリーの演技では、回転不足やちょっとしたミスもあったけれど、
今までとは違って、ほんと落ち着いてたなーって印象。

いろんな苦悩を乗り越えて、一回り成長したようにも見えるから、
ここで引退はもったいないなって思う反面、また苦労するかもしれないことを考えると、
普通の女の子としての幸せとか普通の生活もさせてあげたいなっていう気持ちも。。
どっちが幸せなのかなー。

ラウンドワンにいってきた

20.03.14 / nocategory / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: , ,

子供が春休みになって、パパもちょっと仕事が落ちて付いて3日お休みをもらえたので、
子供のずーっと希望していたラウンドワンに行ってきた!

去年の誕生日に約束していたけど、
仕事で忙しくてずっと延期していたので、早起きも平気で大喜び。
家の近くにはないので、高速で2時間ほど走ってたところにある店舗へ。

さすがに、春休みの平日なので、
家族連れよりも子供同士のグループで来てるのがとても多かったけど、
すごく混んでるというわけでもなく、遊びたいものに待つことなくスムーズに遊ぶことができた。

卓球・サッカー・ボーリング・テニス・射撃・アーチェリー・バスケット・バッティング・・・
とりあえず、付き合えるものは一緒にやって、あとはパパにおまかせ。。。

子供の体力ってすごい(笑)
3時間コースをギリギリまで遊んで、帰りは高速使わないでのんびり帰ってきました。
さて~。。残りの春休みはなにして過ごそうかなー。

春一番にしては強烈すぎる突風

16.03.14 / nocategory / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: , ,

今年の春は、台風並みの突風が吹く日が多いように感じる。

もともと春は風が強い季節だけど、今年の突風は度を越えていやしないか。

ベランダのものが飛んでいってしまわないよう家の中にとりこまなくてはいけないし、まさに台風状態(汗)
近所では看板が倒れたり、物干し竿がベランダから落下したりと、けっこう大変なことになっている。

台風の季節ならそれなりに準備もするけれど、
まさか春にこんな突風が吹くとは思ってもいなかったから、対応が後手後手になってしまう。

ここ最近どの季節でも異常気象で被害が拡大していて、おだやかな季節が少なくなってきているように感じる。
異常気象が早く治まってくれるといいなあと思う。

自分への嬉しいご褒美

27.02.14 / nocategory / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

お掃除をしていて嬉しいことは…
毎日の掃除で、ただ何気なくやっていることでも、
それが積み重なると素敵なご褒美がもらえるという事。

床が光っている!とか。
家具も光っている!とか。

ある日、ふと気がつく。
日常のことなので、何気なく過ごしてしまい気にも止めずにいることだけど、
誰にも褒められはしないけれど、ちゃんとご褒美もらえてるっ…て。

そうなると嬉しくなって、また心を込めて磨いてしまう。
掃除するのが楽しい。
次はどこを磨こうかな、とゲーム感覚になり、ちょこちょこ掃除を続けているうちに
いたるところキレイになってくる。

すると一年中、家中のちょこちょこ掃除をしているものだから
年末の寒い時に大掃除など必要が無くなって
いつでもキレイな家で楽に掃除を済ませていて
ゆったりとした気持ちでお茶など飲んでいる自分がいる。
…なによりの嬉しいご褒美だ。

取り返しのつかない妄想で結構

20.02.14 / nocategory / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

小学生の頃、体育館の前に小さな池があった。
鯉はいない。
その代わり水草がボーボーでアメンボが大量発生し、小さなカエルなども泳いでいた。
池は緑色に濁っており、少し臭かった。

私は小学生の頃、その池に落ちてみたい願望があった。
よくクラスの仲間たちと、池をジャンプで飛び越えるという
スリルたっぷりの遊びをしていたのだが、あれはかなり怖かった。
落ちたらカエルや水草アメンボの餌食となり、池の濁った水を飲み、
服はパンツまでずぶ濡れになり、おまけにちょっと臭くなる。

そんな悲惨な目に遭うのは冗談じゃないのだが、
池を飛び越えるよりも落ちた方が楽しいのかもしれない、
などと血迷った思考がたまに頭によぎったりしていたのだ。

卒業まで一度も落ちることはなかったが、きっとその方がよかったのだろう。